【大注目されている成分】エクオールサプリで更年期障害の予防を

大豆イソフラボンに含まれている成分の1つは腸内フローラによってエクオールという代謝物に変化します。この代謝物が更年期障害や若返りに効果があると期待されています。

 

腸内フローラってなに?

 

美容や健康を意識している女性なら一度は耳にしたことがある、「腸内フローラ」。腸内フローラとは、大腸や小腸に生息している細菌が腸壁にいる様が、花畑のように見えることから名付けられたものを言います。簡単に言うと、腸内環境のことを示しているようです。腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類が生息し、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7という割合で腸内で活動をしています。善玉菌の代表格と言えば乳酸菌やビフィズス菌で、悪玉菌はウェルシュ菌や病原性大腸菌などがあります。聞きなれない日和見菌とは、善玉菌や悪玉菌の強い方に味方をし、協力してしまう菌のことを言います。この3つの菌がバランス良く腸内にいることで、私たちの健康を守ってくれているのです。しかし、腸内にいる菌は、食生活の乱れやストレス、加齢に薬剤によってそのバランスを崩し、腸内環境を悪化させてしまうことがあります。悪玉菌の動きが活発になると、下痢や便秘を起こしたり、体全体に不具合を生じさせてしまうのです。不具合の一例としては、生活習慣病になってしまったり、肩こり、肌荒れ、老化を招いてしまいます。女性にとって肌荒れや老化というのは避けられるのであれば避けたいものでしょう。これらを予防していく為には、常に腸内を健康に保つ必要があります。その為には、腸内の善玉菌を積極的に増やしていかなければなりません。乳酸菌やビフィズス菌が腸内で良い働きをしてくれるということをご存知の方は多いでしょう。これらの善玉菌は加齢と共に減少していってしまうのです。その為、食生活の中から摂取していく必要があります。食事から摂取するのが難しい場合は、サプリメントなどを使用するのも良いでしょう。サプリメントを選ぶ際には、腸まで生きた乳酸菌が届くタイプの物を選んでください。胃酸によって溶かされてしまう物を選んでしまうと、腸に届く前に効果がなくなってしまいますので注意しましょう。善玉菌をしっかり摂取できていれば、善玉菌が優勢になり、腸内環境は良くなっていきます。エクオールは更年期障害の緩和にはオススメなのですサプリも大人気

 

エクオール産生菌ってなに?

 

女性ホルモンと似た働きをしてくれると言われている大豆イソフラボン。大豆製品から摂取することができる成分で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれます。その為、更年期障害などにも効果があると注目されている成分の1つです。この大豆イソフラボンの中のダイゼインという成分は、腸内フローラによってエクオールという代謝物に変化します。これが今注目を集めているのです。その理由が、エストロゲンの隙間を埋める役割をしてくれ、骨や皮膚、脳や血管を守ります。また、エストロゲンの分泌が過剰な時はそれを鎮めてくれる役割を持っていると言われているのです。この代謝物は腸内フローラにいる産生菌があって初めて生成されるもので、女性の2分の1しか産生菌を所有していないと言われています。誰もが持っている菌ではない為、大豆製品を積極的に摂取しても作り出すことができない人もいます。また生成されない人は更年期障害が重い傾向があります。自分の力で作り出すことができるかできないかは、クリニックなどでソイチェックを受けることでわかります。ソイチェックは、尿検査で簡単にわかるものなので、気になる人は一度チャレンジしてみても良いでしょう。女性にとって避けることができない更年期を辛い思いをして過ごすのか、軽く済ませることができるのかを知り、対策を立てていく必要があるでしょう。自分で作り出すことができない人も諦めることはありません。祖チェックの結果、自分の力で作り出すことができないとわかった場合は、サプリメントで補ってあげることができますので安心してください。サプリメントを摂取することで同じ効果が得られます。腸内の働きを正常にし、善玉菌の働きが優勢になると、腸内だけではなく体全体に良い影響があります。特に女性にとって加齢による老化は悩みの種ですよね。腸内を健康にするだけで、老化を防ぐことができ若返りに期待がもてます。また、便秘が解消されることによって、肌トラブルの改善にも繋がっていきます。私たちの健康や美容には、腸内環境を改善することがとても大切になってくるのです。更年期には是非エクオールのサプリメントです